発酵している酵素が良いのは?



漬物、納豆、ピクルス、キムチなど、発酵食品は各国独特のものがありますが、何故発酵食品には酵素が多く含まれるのでしょう?

生の野菜に、微生物(カビ・細菌・酵母菌)が入りこむことによって、原料の元々の成分を新しい別の成分に作りかえられ、多くの場合、発酵前より栄養価が高くなります。
風味が独特のものとなり、味を豊かにし、保存性も良くなるのです。

発酵の過程で生み出された酵素の働きで、タンパク質やビタミン類などの栄養が体に効果的に吸収されるのです。

発酵された菌が生きたまま腸に入ると、腸の中で菌が増え、腸内環境を良くします。
善玉菌を多く含み、血液をドロドロにする悪玉菌を取り除き、アンモニアといった腸内の腐敗物質を増やさないようにコントロールしてくれるのです。

生の野菜と違って、すでに微生物の働きで消化されていますので、人間の体内に入るとすぐに、消化活動を助ける働きをします。生の野菜ですとそうはいきません。生の食材が消化された後、分解されてから消化を助けます。
発酵食品は、体内に入る前から、すでに酵素や微生物の働きにより消化の下準備ができている状態なのです。





トラックバックURL

http://uttori.biz/2011/12/03/hakkou/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*