熟睡する方法に酵素をとるのもひとつ



酵素を飲むと、良質な睡眠がとれ目覚めがスッキリすると言われています。

寝る子は育つと言われていますが、子供でなくても大人でも睡眠は、食事の次に大切なことです。

寝ている間に体内で、代謝に必要な酵素や、消化に必要な酵素を作っています。
この作られた酵素を使って、体全体の痛んだところを修復し、古くなった細胞を排出させ新しい組織と入れかる作業が行われているのです。

睡眠不足が続くと、酵素が作られなくる為に内臓や頭の働きが弱くなって、病気がちになるのはそのためです。

人間の体を作りかえる睡眠中の代謝の時間は、午後8時から午前4時までです。
人間の生命を維持するためには、睡眠時間は、単に体を休めるというだけではありません。たとえて言うなら、整備士が飛行機を整備するような、大切な時間なのだと知っておいてください。

仮に、体内に酵素をたっぷりと入れることで、体は充分酵素が足りているので、酵素を作ること時間をとられません。髪の毛を伸ばしたり、肌を作ったりといった、代謝だけに作業を集中することが出来ます。
少ししか寝ていないのにもかかわらず、体調がいいと言われるのはこのためです。

ただ、睡眠時間を短くするために酵素を飲むことは、おススメしません。
睡眠時間を削って、勉強や仕事をしたい方は、思わずやりたくなりますが、くれぐれも体に気をつけて、睡眠時間は十分とりましょう。




トラックバックURL

http://uttori.biz/2011/12/03/nemuru/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*