免疫は腸で始まる



『免疫力があるとかないとか』といいますが、『免疫力』っていったい身体のどこに存在するのか知っていますか?
考えたことありませんよね。

実は腸なのだそうです。
腸の中には、ヒダ(絨毛)に張り巡らされている「リンパ細胞」なのです。特に、回腸はこの免疫細胞が集中していて、バイエル版と言うリンパ組織を形成しています。
腸は、人体最大の免疫器官(臓器)といわれていて、腸内細菌(善玉菌)が腸内免疫の活性化をサポートしていると言われているのです。

ご存知のように腸の中には、善玉菌と悪玉菌、そのいずれでもない日和見菌の3つの菌があり、免疫力を高めるのは善玉菌です。

善玉菌を増やすためには、低脂肪、繊維質の多い食事をとり、ストレスや睡眠不足の無い生活を送ることが前提となります。

次に、腸を休めること。
消化の良いものだけをとって、腸に負担をかけないというのではありません。消化に良いものばかりを食べて、腸を甘やかしてしまうと、腸の粘膜が委縮して退化すると言われています。
腸も適度に運動し活性化させるために、消化を助ける酵素を増やすことです。酵素は消化を助けますので、腸の休息が可能になるわけです。

免疫器官といわれている腸を、上手に休めれば、免疫力は高まります。






トラックバックURL

http://uttori.biz/2011/12/12/cyou/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*