デトックスの方法



環境汚染や食品添加物の影響で、私たちの身体の中には、多くの有害物質が生活の中で入りこんできています。

魚には水銀、野菜には農薬や見栄えを良くするためのワックス、大気汚染、水道にはカドミウム、鉛といった有害なミネラル、活性酸素といった具合です。

自律神経には解毒の作用がありますが、実際に排出させる働きをするのは、酵素です。
汗や尿や便といった形で、体外に出しているのです。

「解毒」や「浄化」といって、まるで特別に何かをしなくてはいけないような錯覚にとらわれますが、日常生活の工夫で解毒することはできます。
デトックスの効果としては、体調がよくなる、肌が若返る、生活習慣病の予防となります。

蓄積された毒素の影響としては、こんなところです。
・水銀 ・・・ 自閉症、うつ状態、皮膚炎、眠気
・鉛  ・・・ 貧血、めまい、骨や筋肉の痛み
・ヒ素 ・・・ 疲労、胃腸障害、手足の灼熱感
・カドニウム ・・・ 脱毛、貧血、食欲不振、神経過敏
・アルミニウム ・・・ 食欲不振、筋肉痛、息切れ、胃腸障害

これらの有害ミネラルは、最近の研究では、脂肪を分解する酵素リパーゼの働きを妨げるため、ダイエットがしにくくなることも指摘されています。

体内に溜めないためには、排出を促す食事に心がける必要があります。
ゴボウやコンニャクなどに含まれる食物繊維は、余分なミネラルが体内に取り込まれるのを防ぐ働きがあります。
タマネギやリンゴ、コリアンダー、ニラ、ニンニクなどは、重金属をとらえて体外に排出します。
肝臓の解毒力を高める亜鉛やセレンを含む緑黄色野菜などを、同時に摂取すれば毒素はさらにスピードを上げて排出されます。

食品からとるのが、面倒という方は、有害物質や毒素を取り除く、「デトックスサプリメント」も利用するのも方法です。




トラックバックURL

http://uttori.biz/2011/12/12/dokuso/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*