植物性乳酸菌と酵素が腸内環境をよくする



腸は、人間の身体の中の毒素や、不要な食品カスを体外に排泄させます。そんな腸の働きに必要なものは、活きた沢山の菌と、消化を助ける酵素です。

腸の中には、身体に良い菌も、癌の元となってしまうような悪い菌も存在していて、様々な菌のバランスを良くすることで、便秘のない生活が送れます。
さらに酵素が、体内の毒素も一緒に排泄させて、血液をサラサラにすることができるのです。

腸内の善玉菌の餌である乳酸菌と、腸で食べ物を消化するのを助ける酵素は、腸内環境を良くする二つのキーワードなのです。

植物性乳酸菌と酵素の両方が、沢山入った食べ物が、日本古来にあります。
『漬物』です。
ヌカ漬け、粕漬けからの酵母菌は、身体の中の毒素を排泄させ、腸の働きを助けます。

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも生命力が強く、他の微生物と共生出来て、塩分が強くても生き抜ける強さがあります。

ヨーグルトに含まれている動物性乳酸菌の中には、胃液で死滅してしまうものもありますが、植物性乳酸菌は、胃液では死滅せずに確実に大腸まで届きます。また、植物性乳酸菌は、身体に良い栄養素も作りだすことができるのです。

漬物以外にも、多くの酵母菌と植物性乳酸菌を同時にとることが出来るものがあります。それは、植物や果物、野草を発酵して作られた、酵素飲料です。




トラックバックURL

http://uttori.biz/2011/12/12/tukemono/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*