ストレス太りって本当にあるの?



「ストレス太りしちゃった。」と、太った原因を仕事や勉強が大変なせいにする場合があります。

こういうときって、周りの人間には、「そう、大変ね」と軽くあしらわれたり、ストレスで胃が弱りかえって痩せるんじゃないのとチクリと言われて終わることが多いのです。

でも、まんざら根拠のないことではないようで、ストレスで太りやすい体質の方は、下記のようなことを知っておくだけで、体重増加を避けることができます。

ストレスを人は感じると、コルチゾールという自分の体に危機感を知らせる、ホルモンが分泌されます。コルチゾールは、外界の攻撃から身を守るために、脂肪を体内に蓄える働きがあります。

さらに、危機を脱出するために脳を働かせようとして、脳のエネルギー源であるブドウ糖を補給するために、「甘いものがほしーい。」という指令を出すのです。
甘いものや脂っこいものが元々、苦手な人は、このような指令を無意識に無視しているのですが、逆に大好きな人はしっかりキャッチして、脳の要求に答えようと甘いものを沢山食べてしまいます。

ストレスを感じると脳の情報伝達を行う神経細胞のバランスが乱れます。神経細胞はコレステロールからできているために、脳が必要性を感じてしまうのです。さらに、肉に多く含まれるトリプトファンというアミノ酸を、補給すると神経が和らぐために、脂っこいものが食べたい気分になるのです。

上記のような食べ物が好きな方は、体重が増えるからと無理に我慢を重ねると、逆に脳にストレスが増えたと思わせ、どんどん食べたい気分は、増して行きます。

ストレスを受けている人は、食欲は増すばかりで、基礎代謝が下がっていきます。食べたものが、有効に使われることなく、どんどん体内に蓄えられていくのです。
その原因のひとつは、酵素不足です。ストレスは、酵素を消費させます。代謝を促進させる酵素が不足するために、肥満への道に繋がってしまうのです。

自分の好きなことへ意識を集中させて、ストレスをはぐらかすという方法もあります。いわゆるリフレッシュとか気分転換とかといった方法です。
でも、悩みが深刻であればあるほど、課題が重ければ重いほど、気分転換どころではなく集中して取り組んでしまい、どんどんストレスは蓄積されてしまいます。

ストレス太りは、思わず食べ過ぎてしまった言い訳ではありません。
ストレスで人は太るようになっているのです。
では、どうしたらよいのでしょうか?
次の記事で説明しましょう。



関連記事(代謝を上げる)
  1. 便秘が代謝を下げる
  2. 中年太りを酵素で解消

トラックバックURL

http://uttori.biz/2012/01/03/stress/trackback/

コメントはまだありません»

No comments yet.

Leave a comment

*